インプラントとブリッジで迷う

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるみたいです。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないで頂戴。
しかし、他の原因から生じる事もあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医師の判断を仰ぐことを忘れないで頂戴。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にすごくの危険が伴います。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医師に相談して頂戴。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯科医師とよく話し合った上で、治療計画を立てていって頂戴。
人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないりゆうで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、それはインプラント周囲炎の可能性があります。
自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医師の診療を受けましょう。
一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、さまざまなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
どんな問題がインプラント治療にあるかをさまざまな情報媒体から調べているでしょうが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。それは気にしないで頂戴。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えて頂戴。